• このエントリーをはてなブックマークに追加
明徳司法書士事務所

中尾 哲也なかお てつや 司法書士

中尾 哲也
  • 総合
    ランキング27
  • タメになった
    ランキング9
  • 回答数
    ランキング9
  • 閲覧数
    ランキング23
対応エリア:
関西

営業時間:平日9時から18時まで
ただし,事前にご連絡いただけば土日祝日にも対応いたします。

遺産相続プロナビ』を見たとお伝えいただくとスムーズです。

  • 全国対応
  • 即日相談可
  • 無料相談可
  • 土日祝日可
  • 平日19時以降可
  • メール相談可
  • 出張相談可
  • 経歴10年以上
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • 後払い可
  • フリーダイヤル
  • 駐車場近く
  • 駅から近い

【無料相談あり】【JR関西本線王寺駅 駅前すぐ】奈良県の遺産相続,相続登記,公正証書遺言,遺産整理業務,成年後見人等の依頼は明徳司法書士事務所まで。一人ひとり親身に対応させて頂きます。

遺産相続,遺言書,生前贈与,成年後見等の無料相談や依頼は奈良県王寺町の明徳司法書士事務所まで

明徳司法書士事務所は,遺産相続専門の,相続を得意分野とする司法書士事務所です。
  • 住宅その他土地建物の相続登記(名義変更・名義書換)
  • 自筆証書や公正証書遺言の作成
  • 夫婦間や祖父母から孫への生前贈与の手続き
  • 認知症の祖父母や父母の不動産を売却する等のための成年後見制度の利用
  • 預貯金や株式(証券口座)の解約,払戻し,名義変更,口座移管
  • 遺産に借金が多い場合の相続放棄や限定承認の申述
 
以上のようなことでお困りではありませんか?そのほかにも,必要に応じていろんな手続きのご相談に応じますので,どうぞお気軽にご連絡をしてみてください。
⇒専門的に相続の相談ができる奈良王寺の明徳司法書士事務所のWEBサイトはこちらから(別のサイトに移動します)
 
 ピックアップ! 相続登記 

奈良県王寺町で相続登記の無料相談や依頼
相続登記はお済みですか?祖父母の名義,親の名義のまま放ってあるなんてことはありませんか?
 
亡くなった方の名義の不動産は、早めに相続する人の名義に変更しておきましょう。いつまでに変更しないといけない、という決まりはありませんが、いざ不動産を売却したりするには必ず一旦名義変更をしないといけませんし、その後別の方が亡くなったりすると手間が増えたり、そのときに関係者の協力が得られず手続できなくなることもあります。放っておいてもメリットは何もなく、デメリットのみですので、早めに済ませるようにしましょう。 相続登記は法務局に登記申請書とその他の書類を提出して行います。まず管轄の法務局で登記事項証明書をとって登記内容を確認し、どんな登記をすればいいのかを決めます。固定資産税評価証明書を取得して、登記申請と同時に法務局に納める登録免許税を計算します。登記申請書を作成して登録免許税額分の収入印紙を貼り、相続関係を証する戸籍謄本等の一式、住所証明書、相続関係説明図、遺産分割協議書、印鑑証明書などを収集作成して、全部いっしょに法務局に出します。現在の登記の状態や、収集できた書類の内容によっては、別に特別な書類がいる場合もあります。 司法書士にに依頼すると、司法書士がこれらの手続をすべて代行します。お客様には、司法書士が作成した書類に実印を押して、印鑑証明書を取っていただくだけですので、とても楽になります。
 
 ピックアップ! 遺言書 

奈良県王寺町で遺言書作成,公正証書遺言作成の相談や依頼
自筆証書遺言の検認申立
自分で書いた遺言書はそのままでは使えません。家庭裁判所に提出して形式チェックを受ける必要がありますが、それにはいろいろ書類を出して手続しないといけません。司法書士に依頼すると、司法書士が検認申立書を作成し、裁判所に提出する戸籍類や必要書類の収集を代行することができます。
 
自筆証書遺言の作成サポート
遺言書は自分で作成することができます。自分で書いても有効です。ただし、法律の要件を満たさないと無効になります。また、書く内容が法律的にどういう意味になるのかや、死後にちゃんと財産の手続ができる内容になっているのかを押さえておく必要があります。司法書士に依頼すると、遺言書で失敗することがなくなります。

 
公正証書遺言の作成サポート
公証人役場で作成する遺言は、内容が確かで、ひっくりかえることもなく、死後に裁判所の手続をしなくてもすぐ使える遺言です。ただし、書類を揃えたり、役場に申し込んだり、証人を二人用意しないといけません。司法書士に依頼すると、司法書士が公証人役場の手続をすべて代行し、司法書士と事務スタッフが証人になりますので、簡単に手続できます。
 
遺言執行者にも就任できます
自筆証書遺言を書く場合でも,公正証書遺言を作成する場合でも,遺言者がご希望なら司法書士を遺言執行者に指定いただくことができます。法律の専門家である司法書士を遺言執行者に指定しておけば,遺言が効力を生じた後,適正,迅速且つ円滑に,遺言の内容を実現(手続き)できます。もちろん,ご親族等の推定相続人や受遺者の方を遺言執行者にすることもできます。
 
 ピックアップ! 生前贈与  

奈良県王寺町で生前贈与・生前相続の相談や依頼
相続税の節税対策に生前贈与(生前相続)を考えてみませんか?
 
生前贈与は相続税の節税対策の基本中の基本です。祖父母から孫へ,親から子へ,そして夫婦間で生前贈与して,相続税の課税財産を減らし,相続税の節税対策をすることができます。不動産を生前贈与するときは,生前贈与の登記をして名義変更もしなければいけませんので司法書士にご相談ください。また,現金等を生前贈与するときは,後々トラブルが起こらないようにしっかりとした贈与契約書を作成しておくことも忘れずに。なお,生前贈与をするときは,贈与税の検討もしておく必要があります。相続税の節税になっても多額の贈与税が課税されては意味がないからです。次のような優遇制度が使えるのかどうか検討します。
  • 居住用不動産の夫婦間贈与
  • 相続時精算課税制度
  • 教育費等の一括贈与
  • など
 

 ピックアップ! 成年後見人 

奈良県王寺町で成年後見制度・成年後見人の相談や依頼
親や祖父母の不動産を売却しようとしたら認知症なので成年後見人をつけてもらわないとできないと断られた方へ!
 
判断能力がない人や物が分かっていない人は不動産の売買契約ができません。なので家庭裁判所で成年後見人を選んでもらって後見人が代わりに売買契約をします。また,居住用等の不動産を売却処分するためには,後見人を付けるだけでは足りず,重ねて居住用不動産の売却処分許可の申立てをして,裁判所の売買契約について許可をもらわないといけません。時間がかかりますから,急いで司法書士に相談してください。
 
その他,成年後見制度に関しては,以下のようなご相談やご依頼に対応しています。
 
●認知症になる前(ボケる前)に決めておく!!
継続的見守り契約
今はまだ元気だけどいつボケてしまうか不安な場合があります。おかしな契約をしていないか、またボケたらすぐ後見人をつけたりしないといけません。司法書士に依頼すると、司法書士が契約書を作成して、定期的にお客様と会ったり、電話したりして継続的にお客様の状況を見守ります。安心して毎日の生活をしていただけます。
 
財産管理等委任契約による財産管理
元気は元気だけど物忘れもあり財産の管理が不安なお客様については、司法書士と財産管理の契約をして、財産の紛失を防止したり、おかしな契約に巻き込まれないようにできます。司法書士に依頼すると、国家資格者である司法書士が契約にもとづいて確かに財産を管理しますので、お客様は、財産管理の不安がなくなります。
 
任意後見契約による財産管理
元気なときは自分で財産を管理して、ボケてしまったら司法書士に財産を管理してほしいというご要望があります。今は自分で管理するけど、ボケたら「この人」に管理してもらう、というのが任意後見契約です。公正証書で契約しないといけない法律になっています。司法書士に依頼すると、司法書士が公証人役場の手続をすべて代行するほか、契約書を作成して、お客様を見守ります。
 
死後事務委任契約
死んだあとの財産のことは遺言書に書けますが、財産以外のこと(例 葬儀や納骨)は遺言書に書いても法的な効力がありません。実は、財産以外の宗教的なことや、家の片付け、身仕舞いのほうが心配なのではありませんか?それらのことを、死後事務と呼びます。司法書士に依頼して、死後事務委任契約を作成すれば、それらのことを司法書士などに任せることができて安心です。

 

●認知症になった後(ボケてしまったら)!!
成年後見開始の申立て
すでにボケて(判断能力が低下して)、自分で財産管理ができない。不動産の売却や施設に入るのに後見人をつけるよう言われたというご家族はいらっしゃいませんか。法律では、自分で判断できない人には後見人をつける必要があります。後見人をつけると、結果として本人の権利を奪うことになるので、裁判所にたくさん書類を出して、裁判所に後見人を決めてもらう必要があります。司法書士に依頼すると、ご家族が後見人に選ばれるための家庭裁判所の手続を司法書士がすべて代行しますのでご家族のご負担が解消します(家庭裁判所においてご家族が後見人として適任でないと判断された場合司法書士や弁護士等が後見人に選任される場合があります)。
 

 ピックアップ! 遺産整理業務 

奈良県王寺町で相続の遺産整理業務・遺産整理の相談や依頼
「遺品整理(いひんせいり)」じゃありません。「遺産整理(いさんせいり)」です。面倒な遺産の相続手続きの処理を一括して全部お任せいただくことを「遺産整理業務(いさんせいりぎょうむ)」と呼びます。
 
自分で全部やってられない,,何がなんだか分からない,,しんどいので専門家に任せてしまいたい,,,
遺産相続の手続は大変ですね。特にある程度財産がある方が亡くなると、遺産を調査するだけでもひと苦労です。相続手続をするためにたくさん昔の戸籍謄本を揃えたり、不動産や金融機関ごとに出向いて手続したりと、多忙な方や、法律知識のない方には、相当な負担であることは事実です。 「明徳司法書士事務所のお任せ遺産整理業務」は、このような相続人であるお客様に代わって、すべての財産の相続手続を代行するサービスです。 明徳司法書士事務所は、お客様に代わって、遺産を調査し、戸籍謄本等を収集して相続人を確定し、相続関係図や財産目録を作成します。相続税がかかりそうなら税理士を手配します。つづいて遺産分けについてアドバイスをし、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書ができたら、順番に、すべての金融機関や法務局で相続手続をしていきます。遺産売却のご希望があれば、それも手配します。 このように、「明徳司法書士事務所のお任せ遺産整理業務」をご利用になると、お客様は複雑な相続手続の負担から開放され、正しく、迅速に、相続手続を完了することができます。
 
こういう相続人の方が対象になります
  • 相続手続に不慣れで大変だと感じる
  • そもそも何をしていいかまったく分からない
  • 仕事が忙しいのでいろんな相続手続をしている時間がない
  • 都会に出ているのでなかなか帰れない
  • 相続人がたくさんいる
  • 相続人も高齢で相続手続をするのは負担
  • 遺産がたくさんあって把握できない
  • 遺産の分け方についてアドバイスしてほしい
  • 遺産を処分してお金でわけたいと思う
  • 相続税の申告が必要
  • きっちり漏れなく手続できるか自信がない
 
相談・依頼する時期について

相続開始後できるだけ速やかにご相談ください。
 

司法書士の遺産整理業務に含まれるサービス
  • 自筆証書遺言の検認申立
  • 戸籍調査と相続関係説明図(家計図・系譜)の作成
  • 財産目録の作成
  • 相続放棄の申述
  • 遺産分割協議書(遺産分け)の作成
  • 不動産の相続登記(名義変更)
  • 預貯金の相続手続
  • 株式や投資信託、公社債の相続手続
  • 遺産分割調停や審判の申立て
  • 不在者財産管理人選任の申立て
  • 特別代理人選任の申立て
  • 遺言の執行
  • 相続税申告をする税理士の手配
  • 遺産を売却する場合はその手配
  • その他財産処理に関係しない手続きについてもできる範囲でサポートさせていただきます!
 
 相続で依頼いただけることリスト 

その他遺産相続に関するあらゆる手続きを相談依頼いただけます。銀行,証券会社,法務局,裁判所等の手続きで何か困ったことがあったらお気軽にお問い合わせください。

■亡くなったときの財産の行き先を決めておきたい
 →自筆証書遺言や公正証書遺言の作成をお手伝いします。
■認知症でボケてしまったらどうするか決めておきたい
 →任意後見契約など成年後見制度をご利用できます。
■死後の身の回りの片付けなどが心配だ
 →死後事務委任契約を締結して任せることができます。
■被相続人が亡くなったので相続人が誰かはっきりしたい
 →戸籍謄本,除籍謄本,原戸籍などを収集調査して相続関係説明図を作成します。
■被相続人が自分で書いた遺言書が見つかった
 →家庭裁判所に遺言書検認の申立てをします。
■遺産がどうなっているか知合い
 →相続財産の調査をして財産目録を作成します。
■相続人で遺産分けの話合いができた
 →遺産分割協議書を作成します。
■相続人で揉めて遺産分けの話合いが決裂した
 →家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをします。
■相続人の中に行方不明者がいるので話合いができない
 →家庭裁判所に不在者財産管理人選任の申立てをします。
■親と未成年の子が共同で相続人になったので親が全部決めていい?
 →家庭裁判所に特別代理人選任の申立てをします。
■相続人が誰もいない?遺産はどうなるの?
 →家庭裁判所に相続財産管理人選任の申立てをします。
■遺産の相続手続一式を任せてしまいたい
 →司法書士に遺産の一括処理を任せる遺産整理業務をご依頼いただけます。
■自宅,その他の土地建物,田畑などの名義変更をしたい
 →法務局に相続による所有権移転登記(相続登記)の申請をします。
■遺産である預貯金の相続手続きがしたい
 →各金融機関で預貯金の相続による解約と払戻しの手続きをします。
■遺産である証券口座の株式等の相続をしたい
 →証券会社で証券口座の相続申請と口座移管手続をします。
■相続で引き継いだ不動産が不要なので処分したい
 →土地や建物の売却処分につき財産管理人として司法書士がお手伝いをします。
■どうやら相続税がかかりそうだ
 →遺産のだいたいの試算をして相続税がかかりそうなら税理士の先生をご紹介します。
など
 
奈良県王寺町の明徳司法書士事務所の代表司法書士中尾哲也に無料相談
 
⇒専門的に相続の相談ができる奈良王寺の明徳司法書士事務所のWEBサイトはこちらから(別のサイトに移動します)
 
 営業エリア・業務地域 

奈良県北葛城郡王寺町,河合町,上牧町,広陵町
奈良県生駒郡,三郷町,斑鳩町,平群町,安堵町
奈良県香芝市,大和高田市,大和郡山市,生駒市

ほか,詳しくは以下をご覧ください。

   奈良県王寺町の明徳司法書士事務所の営業エリアや業務対応地域

 よくある質問集・申込みFAQ 

   奈良県王寺町の明徳司法書士事務所のよくある質問集・申込みFAQ

 相続大全集(遺産相続ノウハウ集) 


   奈良県王寺町の明徳司法書士事務所の遺産相続ノウハウ集,相続大全集
 
 ラインでも相談できます! 

   奈良王寺の明徳司法書士事務所のLINE@無料法律相談
 
奈良県王寺町の明徳司法書士事務所の事務所風景,所内の雰囲気

専門家のプロフィール

氏名
中尾 哲也
性別
男性
生年月日
1973年08月26日
職種
司法書士
所属
奈良県司法書士会311号
事務所
明徳司法書士事務所
事務所住所
奈良県 北葛城郡王寺町
2-7-14
喜泉ビル3F
電話番号
0120-989-314

専門家の基本情報

経歴
昭和48年生まれ(奈良県吉野郡吉野町)

平成8年 近畿大学商経学部経済学科卒業、金融機関勤務

平成11年 司法書士登録

同年 近藤司法書士事務所勤務(大阪府堺市)
大手不動産仲介業者をたくさんクライアントに持つ、不動産売買取引では関西屈指の事務所でした。事務所では、毎日10件以上、多い日には数十件の不動産売買取引、つまり資金決済の立会い業務、登記申請業務を行っていました。ここで、住宅ローンや不動産売買契約の仕組み、不動産売買や金融機関の担保設定に関する登記業務を学びました。

平成12年 上野司法書士合同事務所勤務(大阪市北区)
日本有数の総合司法書士事務所であり、日本司法書士会連合会の副会長や大阪司法書士会の会長等、数多くの業界団体の幹部を輩出した大規模かつ先進的な事務所でした。この事務所は、信託銀行や都市銀行、シンクタンク、大手不動産デベロッパーやゼネコン、大手メーカーのほか、数多くの法律事務所、税理士事務所等と取引を行っており、業界大手企業の本部や基幹支店とやりとりをしていました。ここでは、金融機関の金融法務、不動産競売等の裁判所手続、企業の資金調達やM&Aに関する法務、デベロッパーの不動産・マンション開発に関する登記や法務、大手メーカー系キャピタル会社の商品開発や登記法務、資産税専門税理士事務所との協業による相続税対策に関する法務をはじめ、その他数多くの、大規模で複雑な不動産登記手続、会社登記手続、裁判所手続等を経験しました。

平成14年 中尾司法書士事務所開業(奈良県王寺町)

平成23年 明徳司法書士事務所に事務所名を変更して現在に至る

奈良県で事務所開業後は,主として,個人の生活と財産に関する法律問題を扱っています。日本は大変な高齢社会です。今後,より,高齢者の財産管理や財産処分,次世代への引き継ぎ等のニーズが高まっていきます。係るニーズに対応するため,当事務所は,平成20年頃から専門的に遺産相続関連業務に取り組んでおり,この分野に関する実績とノウハウを蓄積しています。
対応可能な
相談内容
相続トラブル, 遺言書, 相続税・節税, 相続名義, 不動産相続, 生前贈与, 土地登記, 借金の相続・相続放棄, その他
取扱分野
司法書士業務全般 ■登記申請について代理すること ■法務局に提出する書類を作成すること ■簡易裁判所の訴訟,調停,和解等を代理すること ■同事物管轄内の少額紛争の示談交渉を代理すること ■裁判所に提出する書類を作成すること ■以下の司法書士法施行規則による財産管理人等の業務 (司法書士法人の業務の範囲) 第31条  法第二十九条第一項第一号 の法務省令で定める業務は、次の各号に掲げるものとする。 一  当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、管財人、管理人その他これらに類する地位に就き、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務又はこれらの業務を行う者を代理し、若しくは補助する業務 二  当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、後見人、保佐人、補助人、監督委員その他これらに類する地位に就き、他人の法律行為について、代理、同意若しくは取消しを行う業務又はこれらの業務を行う者を監督する業務 三  司法書士又は司法書士法人の業務に関連する講演会の開催、出版物の刊行その他の教育及び普及の業務 四  競争の導入による公共サービスの改革に関する法律 (平成十八年法律第五十一号)第三十三条の二第一項 に規定する特定業務 五  法第三条第一項第一号 から第五号 まで及び前各号に掲げる業務に附帯し、又は密接に関連する業務
得意分野
遺産整理業務(相続手続一式をお任せいただく)
遺産相続に関する不動産登記(相続登記)
遺産相続に関する裁判所提出書類の作成
自筆証書遺言や公正証書遺言の作成
不動産の管理や処分に関する法律実務
メッセージ

事務所名の「明徳」は,中国の古典である礼記・大学の一節にある言葉で,「人間の生来的に持っている正しく善い心,徳,品性,本性」というほどの意味です。学問や人生の究極目的はこの明徳を磨き続けることにあるというその一節を事務所名に掲げて誓いとしています。

当事務所は,お客様に7つの約束をいたします。

1.ご連絡をいただいたら、必ず2時間以内にお返事します(営業時間外の場合は、翌営業日の始業より2時間以内)
2.お客様のお話をしっかり聞いて、ご要望の内容を確実に受け止めます
3.手続きの方針を、「わかるように」説明します
4.手続きの進み具合を、明確に報告します
5.費用のこと、お金のことを、事前に説明して、納得のうえで手続きを進めます
6.必要に応じて、できるだけ出張相談に応じます
7.日本全国からのお仕事に対応します。お客様がどこにいても、同じクオリティーで手続きします

料金の目安

相談料は無料です。

遺産相続に関する相談料は無料にさせていただいておりますので,お気軽にご相談ください。

詳しくお話を聞かないと分からないことも多いので,相談の時点では費用を申し受けしません。何か手続きが必要なら,事前に費用をお知らせしますので,それからご依頼いただくどうかご判断ください。相談したから依頼しないといけないことはありませんのでご安心ください。

所属事務所情報

事務所
明徳司法書士事務所
住所
奈良県北葛城郡王寺町2-7-14喜泉ビル3F
電話番号
0120-989-314
公式サイト
http://www.meitoku-office.jp/
営業時間
平日9時から18時まで

ただし,事前にご連絡いただけば土日祝日にも対応いたします。
アクセス
JR関西本線王寺駅 駅前すぐ
アクセスマップ
大きな地図で見る
その他
遺産相続のことは,遺産相続専門の明徳司法書士事務所に是非お任せください。精一杯取り組ませていただきます。
写真

回答した悩み相談一覧

まだ回答はありません

会員優待

専門家によっては会員様限定の優待をご用意している場合がございます。優待を確認するにはログイン/新規登録が必要となります。

会員限定優待

ログイン / 無料会員登録
してください