• このエントリーをはてなブックマークに追加

代襲相続人について

相続には色々な法的解釈があり、その場合に遵守すべきルールがありますので、慎重に手続きを行なっていく必要がありますが、中には突然出現した相続人などの問題にも対応しなければならないため、やはり法律の専門家である弁護士等への相談や依頼が欠かせません。今回は様々な突発性要素のある相続のケースを紹介していきます。相続には通常相続人が想定できる想定相続人で、その後の遺産分割が行われる事が多いのですが、被相続人が高齢であり、子である相続人が、皆所帯を持っている場合、蜜に連絡を互いに取り合うという事も少なくなるのが普通です。

被相続人の死がきっかけとなって、兄弟の死を知らされるケースも皆無とは言えません。その場合、相続上の観点から見て、被相続人に対して相続人が減ってしまうのですが、その相続人に子がいた場合、代襲制度によって遺産の相続権が継承されます。上記の様な場合、予期しない相続人が相続者となる訳ですから、遺産分割協議は慎重に進めていく必要があり、トラブルになる様な事は最大限回避するように務めるのが懸命だと言えます。互いによく知った兄弟であれば良いですが、その子と協議を進めていくとなると、意思の疎通を図るのは難しいと考えるべきでしょう。厄介なのは、その代襲相続人遺留分を主張する事も出来るという事です。相続人の確定作業に抜け落ちが有り、協議がまとまりかけた段になって、この様なトラブルが出てくると、目も当てられない結果になることも、十分あり得ると考えておかなければならないのです。

一度この様な状況で協議がこじれてしまうと、双方が血縁者なだけに合意を得るのが非常に難しくなり、解決は程遠くなってしまいます。相続上のトラブルに注意しなければならないのは、赤の他人ではなく、関係者のほとんどがこの様に血縁者だからです。やはり未然にこの様なトラブルがないようにするためには、冒頭で紹介した通り、弁護士等の専門家にその進行などを依頼するのが間違いのない選択だと言えます。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

職種から専門家を探す
専門家ランキング
  1. 第1位 →
    立山昭浩(行政書士)
    東京都
  2. 第2位 ↑
    内山瑛(行政書士/税理士/公認会計士)
    静岡県
  3. 第3位 ↑
    松本治(弁護士)
    東京都
  4. 4位 ↑
    秋山清成(税理士)
    兵庫県
  5. 5位 ↑
    清水一広(行政書士)
    福岡県
注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play