• このエントリーをはてなブックマークに追加

遺産相続について

遺産相続の難しさは、様々な理由から成り立っていますが、最も大きな問題は「ある日突然始まる事」です。遺産をもつ本人が様々な理由で亡くなった時、その理由に関係なく遺産相続問題は発生します。その時が来たら、まずどうすれば良いのか?そしてどんな事に気をつけるべきなのか?今回はこの問題について、どう行動すべきか、また注意すべき事柄にはどんなものがあるのかに注目してみましょう。

まず財産を持っている人が亡くなった時、その財産について正確に把握をする事が大事です。その遺産の全てを把握するまでは、早まった行動は取り返しのつかない事態を引き起こす場合があるので慎むべきでしょう。大事なのは、その財産のプラスの財産とマイナスの財産の、どちらがより多いのかを把握する事です。仮にマイナス要素の財産がプラスの財産を上回った場合、相続放棄という手法も選べるのです。それを知らずに仮に借金などを返済してしまった場合、全ての借金を返済しなければならなくなり、非常に困難な事態に直面する場合もあります。この様な事にならないようにするには、やはり的確な遺産相続に関する知識を身につけておくか、適切なアドバイスをもらえる専門家を用意しておく必要があります。

特に遺産相続に関して、期限の限定されている民法については注意しなければなりません。例えば残された財産の範囲で、マイナスの遺産である借金などを返済する場合、限定承認などが適用できますがこの限定承認は、故人の死亡の日から換算して3ヶ月以内に相続人全員の申し立てが必要になります。この様なそれぞれの法的遵守事項を守らなければ、遺産相続はトラブルの元になる可能性が非常に高いのです。遺言書についても、遺言が残された全ての遺産に効力を発揮するというものではありません。この様な事柄を考慮すると、やはり専門的な判断や行動については、弁護士の指示を仰ぐのが間違いのない選択だと言えるでしょう。日頃から出来るだけ良好な関係を維持しておく事が大事だと言えます。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

職種から専門家を探す
専門家ランキング
  1. 第1位 →
    立山昭浩(行政書士)
    東京都
  2. 第2位 →
    仲江武史(弁護士)
    東京都
  3. 第3位 →
    内山瑛(行政書士/税理士/公認会計士)
    静岡県
  4. 4位 →
    松本治(弁護士)
    東京都
  5. 5位 →
    秋山清成(税理士)
    兵庫県
注目タグ一覧
新着専門家
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play