• このエントリーをはてなブックマークに追加

叔父がなくなり、遺言なども特になかったので、相続するべき親族で遺産を分ける予定でした。
しかし、一人占めしようとしている親族がいます。仮にAとします。Aは母と母の弟に対して、遺産相続を放棄するように強要、嫌がらせや脅しまがいなことをして、無理やりに放棄の書類に印鑑を押させました。
Aは僕に電話で、「脅してハンコを押させた」と言ってきました。他にも「その金で飲みに行くから連れてってやる」「あの無言電話は俺だよ、気づいてた?」など、ベラベラと!
その電話の内容を録音していました。
この音声から、遺産相続同意書を白紙に戻す手続きは可能ですか?

僕は、Aに可愛がられていたし、Aは遊んでくれるいいお兄さんという感じでしたが、この件で嫌気がさしました。Aと僕の関係は壊れても問題ありません。

2015年10月29日投稿者:ゆづゆづ(30代男性)
  • 204人に評価されました
  • 専門家回答 1件/返信 1

専門家からの回答

内山 瑛行政書士/税理士/公認会計士
内山 瑛行政書士/税理士/公認会計士

遺産分割協議において、他の相続人から脅迫を受けて、遺産の受け渡しや不利な遺産相続を受けた場合は、遺産分割協議を取り消す事ができます。民法96条により、遺産分割協議書を作成し終えた後でも遺産相続の取り消しを訴えることができ、脅迫があった事実を裁判所で認定してもらうと、遺産相続をなかったことにしてもらう事ができます。
具体的な訴えの手続については、お近くの弁護士の先生にご相談されることをお勧めします。

2015年10月30日18時35分
user_icon ゆづゆづ
(30代男性)

安心しました!
ありがとうございました!

2015年11月12日17時30分

この質問への回答は締め切られました。

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

職種から専門家を探す
専門家ランキング
  1. 第1位 →
    立山昭浩(行政書士)
    東京都
  2. 第2位 ↑
    内山瑛(行政書士/税理士/公認会計士)
    静岡県
  3. 第3位 ↑
    松本治(弁護士)
    東京都
  4. 4位 ↑
    秋山清成(税理士)
    兵庫県
  5. 5位 ↑
    清水一広(行政書士)
    福岡県
注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play