• このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言書の書き方のついて教えてください。
私には2人の息子がいますが、財産のすべてを次男に残したいと思っています。
長男夫婦には度さなる借金の尻拭いなど、大変苦労させられました。自分たちの生活が安定したら案の定音沙汰なしであきれております。十分に金銭面での援助を行ったので、遺産はすべて次男にと思っています。

公正証書遺言を作成しようとも考えましたが、私の死後長男に連絡が入ってしまうでしょうから、自筆遺言を作成しておきたいと思っています。
(遺留分の事は存じ上げています)

・財産のすべてを次男に
・次男が私より先に亡くなった場合は、次男の子供(長男、長女)に
・葬儀のやり方についても次男およびその子供(長男、長女)に任せる

このような内容を遺言に書くにはどうしたら良いでしょうか?
私の死後、次男に迷惑がかからないよう、長男に文句をつけられないような内容にしたいと考えています。

2016年06月28日投稿者:人生の凧(70代男性)
  • 227人に評価されました
  • 専門家回答 1件/返信 1

専門家からの回答

仲江 武史弁護士
仲江 武史弁護士

ご相談頂き、ありがとうございます。

1.自筆証書遺言であっても、ご相談者様の死後、長男から求められた場合には、次男はその内容を開示せざるをえなくなります。
 そのため、遺言の効力について争いが生じる余地を小さくするため、公正証書遺言とした方がよいと考えます。

2.財産を全て次男又はその子に相続させることについて、長男から文句をつけられないようにするためには、ご相談者様がこれまでに尻拭いした借金の額、その他長男がこれまでに享受した特別な利益の額を遺言に明記し、その額が長男の遺留分の額を上回ることを示すことが望ましいと考えます。

2016年06月28日20時58分
user_icon 人生の凧
(70代男性)

お早い回答感謝いたします。

まだしっかり計算していませんが、尻拭い分と次男に渡したい遺産では遺産の方が若干高額のように思います。
やはり公正証書遺言にした方が確実ですね。
ありがとうございました。

2016年06月29日11時01分

この質問への回答は締め切られました。

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

職種から専門家を探す
専門家ランキング
  1. 第1位 →
    立山昭浩(行政書士)
    東京都
  2. 第2位 →
    仲江武史(弁護士)
    東京都
  3. 第3位 →
    内山瑛(行政書士/税理士/公認会計士)
    静岡県
  4. 4位 →
    松本治(弁護士)
    東京都
  5. 5位 →
    秋山清成(税理士)
    兵庫県
注目タグ一覧
新着専門家
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play