• このエントリーをはてなブックマークに追加

この度はお世話になります。

今年96歳になる大叔母が居ります。
貯金保有金額が膨大で銀行で遺言信託を依頼することになり、依頼すると書類の作成期間が6ヶ月程度、要すると言われたのですが、なにぶん高齢の為、持病は無いものの、この猛暑、いつ何どきと主治医から言われています。
勿論、大叔母が長生きしてくれる事が一番なのですが…。
作成を依頼しつつ、万一に備えて、個人的にも遺言書を書いておく。というのは効力はありますでしょうか?

また大叔母の逝去後、遺言書を開封するにあたり、遺言内容や金額などは、誰でも自由に閲覧と言うわけではななく、どこまでの血縁関係まで遺言書を閲覧できるものでしょうか?
お恥ずかしい話、そもそもの手続きの流れの知識が無く、申し訳ございません。

大叔母のご主人は逝去され、子供さんは居られず、今は高齢者賃貸住宅で暮らしております。
大叔母は、6人姉妹の次女さんで、一番下の妹さんだけが御健在です。
それぞれの姉妹には子供がおりますが皆、大叔母とは疎遠です。
私は大叔母の一番上の姉の孫です。

御解答をどうぞ宜しくお願い致します。

2019年08月17日投稿者:美咲ちゃん(30代性別非公開)
  • 0人に評価されました
  • 専門家回答 0件/返信 0

専門家からの回答

まだ専門家からの回答は投稿されておりません。

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

職種から専門家を探す
専門家ランキング
  1. 第1位 →
    立山昭浩(行政書士)
    東京都
  2. 第2位 →
    内山瑛(行政書士/税理士/公認会計士)
    静岡県
  3. 第3位 →
    中野進一(司法書士)
    東京都
  4. 4位 →
    橋本隆亮(弁護士)
    福島県
  5. 5位 →
    宮野尾昌平(司法書士)
    長野県
注目タグ一覧
新着専門家
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play